鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

あれだけ、痛いと言い続けていた母でございますが、昨日あたりから、あまり言わなくなりました。痛みがないと思われる兆候も出て参りました。それは・・・・お腹が空いた~、アタシは朝から何も食べていないのよ。というお言葉。何を言うてんねん、朝もきちんと食べたし、お ...

ねえ、胸のしこりが随分と大きくなっちゃったけど。時々、入浴時に思い出したように母は申します。入浴の介助をするのですが、背中は流してあげるのですが、前は母自身が洗います。すると、引っかかるのでしょう。確かに、2年前はピンポン玉より少し小さかったですね。誤嚥性 ...

何度も説明しても、母は母なりのやり方を致します。ん、もうっ!何回言ったらわかるねん!!と苛立つことか。些細なことなんでございますの。重々わかっております。例えばのお話。仏壇のお線香のあげ方。どうも母は、お線香立ての端に立てるのです。ちょっとぉ~、なんで、 ...

アナタ、先にお風呂に入ってもいいわよ。と母が申す時は、まず、入りたくないを意味します。入ってもいいというから、入る、なんて、とんでもございません。アータさ、お風呂からあがると、アタシ、火を消したかしら?って、数回言うやん。“アタシ、火を消したかしら?”こ ...

母の入浴は午後10時。毎日、この時間にしております。それには、理由があるんですの。それは、睡眠導入剤を飲ませるにはこの時間がベスト。早い時間だと、深夜には目が覚めて、30分置きのトイレが始まり、不安なこと、例えば、現在ならば、「上あごの痛み」を訴えてきます。 ...

このページのトップヘ