鬼娘の介護日記

認知症で93歳の母。一昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

今日の三時のおやつ、今日のおみや、と、書いてくれば、今日の夕食、でしょ。ま、あたくしが勝手にシリーズ化したものでございますが、本日のフィナーレとしてお付き合いくださいませ。母と二人でございますから、お料理を作ると同じメニューがしばらく続くということが多ご ...

日々のお買い物ではなく、1時間を過ぎる場合は、行く場所と帰宅時間をメモして、母に渡しておきます。帰宅時間を大幅に過ぎると、さっき、アナタが帰る前に、玄関のドアをガタガタとする音がしたのよ。と申しますので、前後、10分の誤差で帰るようにします。さて、午後3時半 ...

母は、お天気がよくて、1時間半ほどだと独りでお留守番は出来ます。但し、これでもかというおやつを置いていかねばなりません。現在、午後2時。これから、車で15分ほどのところにある銀行へ行く予定です。そのあたりで、お夕食のお買い物をして帰るとギリギリ大丈夫かな? ...

寒いと我が家の縁側の段ボール箱に寝にくる野良猫ちゃん。と、もう一匹、ご近所の黒猫のべべちゃんもエサを食べにやってきます。どの子も愛想の悪い猫ちゃん達なんですけど。母にとっては猫であって、どっちが野良猫で、飼い猫はどこの子もわからない状況。どちらの猫が来て ...

我が家の隣地は、小さな児童公園。敷地の中央には、山桜の樹があり、多少の樹木もあります。だからでしょうか、冬の間、ヒヨドリが毎年やってきます。庭の山茶花の花の蜜を吸いにやってきますし、枝に林檎刺して、あげています。必ず、番で行動していますね。母は毎回、ねえ ...

このページのトップヘ