鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

「美味しいものを食べた時の幸せ」を口の幸と書いて、幸福と読みます。造語だとばかり思っておりましたが、中国語の表記だそうです。 しかし、「美味しいものを食べた時」とは、目で食べ物を見て、口に入れて、その感覚というか、歯ごたえというかを味わって、美味しさがわか ...

相手のことを思いやる気持ちが少ないことは、わかっているのですが、どこかでそれを期待する、アタクシがいるのでございます。母の子守役は、テレビ。内容を記憶することがないので、ニュースは毎回、母にとっては新しいニュースなのです。少し前までは、バラエティのような ...

アタシね、ものすごく、お腹が空いてるの!だけど、なんにも食べるものがないのよ。歯のない口に、あられを口に頬張り、手にはそのあられの袋を持って、玄関で仁王立ちをしている母がいました。いわゆる、 激おこプンプン丸٩(๑`^´๑)۶ 。確かに、昨日は朝から夕方まで病院 ...

年を取ると、気が短くなって参ります。アタクシ自身、のんびりとした気の長いほうだと思っていましたが、よっぽどでなければ行列に並ぼうという気にならなくなりました。昨日は午後から、都内の老年病科の診察と、予約なしの顎歯科へ。午前中は、横浜の鶴見で歯科受診とアタ ...

まさかの空振り?!とんでもございませんわよ。朝早くから、鶴見くんだりまで行ったのですから、治療らしい治療をして頂こうやない、と、こんな気持ちになってしまいました。保存科の診察ブースへと主治医と一緒に歩きながら、母が無理やり歯を引っこ抜いたのだとお話をしま ...

このページのトップヘ