鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

姪は、アタクシよりも認知症患者相手が上手なんです。父方の祖母である母より、母方の祖母が先に認知症を発症していました。さらに、義姉である母親が大腸癌のステージⅣであったことで、母親の代わりに施設に居た祖母の面倒を看ていました。T(義姉の旧姓)のおばあちゃまは ...

ほぼ、1年振りに施設(特別養護老人ホーム)に居る母に会いに来た兄に対して先生、お世話になってます。と、言った母でした。はてさて、1年ではないけれど、久しぶりの姪にはどうなのだろうかと、ヒヤヒヤだった今日の面会・・・。おばあちゃま、Kuanzi(姪のこと)です。リ ...

在宅介護の方々には申し訳なく思うのですが、施設(特別養護老人ホーム)に居る母の面会に行くだけで、疲れてしまうときがあります。夕食を取って、パソコンに向かうと睡魔に襲われるときも。ちょっとだけと布団に潜り込むとあっというまにシンデレラタイム。そんなときにも ...

先日、母の施設(特別養護老人ホーム)へと、バス停に向かって、衣笠商店街を歩いていたアタクシは、ある場面に目が留まりました。猫背のお婆さんが、不動産屋さんの前でじっと眺めているところでした。アタクシ自身が賃貸物件に住んでおりますので、見方が、お部屋を探して ...

火曜日の今日、母の施設(特別養護老人ホーム)では、一階の地域ホールを利用し、で入所者の方々にコーヒーか紅茶を喫茶店風にお出ししています。そこでは、ヤクルトの販売、パンや食料品の店がお菓子のほか、納豆、ふりかけ、ジャムなども売っていて、欲しいものが買えます ...

このページのトップヘ