鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

母に面会をする度に、2日から3日分の洗濯物(洋服のみですが)は持って帰ります。理由の一つは、もし、洗濯をお願いすると、面会の回数を減らしてしまうのではと思うからなんです。行きたくないと思っても、洗濯物があるから、よっこらせと行くだろうと考えたからです。もう ...

ここは緑が多くていいわ。おっかさん、ここは三浦半島のほぼ真ん中だもんね。とんびも飛んでるわ。そうやねん、ここから、東京湾へは車で20分、相模湾へ15分というところやからね、とんびも来るんやね。今日も面会に行けば、毎回、同じ会話をするこの頃です。どうも、アタク ...

この頃の母は、体力が落ちてきたようで一日中、リビングで過ごすことが難しくなってきたようです。どうも、疲れてくるとヒステリックになり、スタッフさんを、バシバシ叩く暴力婆さんになるらしゅうございます。そこで、昼食が終わると部屋で横になっているらしく、アタクシ ...

ウチは変わりない?特養(特別養護老人ホーム)に居る母の面会に行った際、毎回、言われることの一つです。そろそろ、家の売却が正式に決まりそうなので、母にも、何回か話をして、いざというとき、アタシ、そんな話(家の売却のこと)、聞いていないわよ。と、司法書士に言わ ...

今回もトイレの話題なんですが、トイレットペーパーに関することです。夜間のトイレは、居室にあるポータブルを使うので、トイレットペーパーがそのまま置いてあります。或る日のこと、鼻水が出ると言い出し、やおら、手の届くところにあったトイレットペーパーをクルクルと ...

このページのトップヘ