鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

母の居る特養(特別養護老人ホーム)では、月に一度は特別メニューの食事が出るようです。例えば、ブリ尽くしのお膳とか、大人のお子様ランチとか。そういう内容のときは、お膳にメニュー表が乗っているようで、母はそれを必ずポケットに入れています。母と面会したときに、洗 ...

午後から我が家の購入希望者さんがリフォームの見積もりを取りたいとのことで、業者と一緒に来ることになっていました。いつもは簡単にササッと床拭きで済ませるのをワックス掛けを思いつきました。ワックスを掛けるなんて、10年ぶり、いや、もっと前かもしれない。M.ダック ...

父のところに行く度に全生気を吸いとられて帰る脱力感。それはなんとも言えない疲れです。1時間半~2時間かけて施設へ行き、1時間はいるようにして、いつも色々な話をしますが、だんだんと会話もネタはつきてしまう。又同じ時間をかけ家路に。着いたら、休むことなく、夕 ...

今日は日曜日でございました。施設の土日にはリハビリなどはなく、ちょっと雰囲気もいつもとは違います。面会も日曜日にというご家族もおられます。だからでしょうか、ユニット全体が穏やかな感じになっているような気がします。いや、母のいつもの開口一番、あら、迎えに来 ...

面会に行く度に、母は同じことを申します。あら、よかった!、迎えに来てくれたのね。そうやないんよ。顔を見にきただけや。母のところへ車で行っても、母に帰ることを諦めて貰おうとして、言います。今日は、電車だからね。すると、この頃、母は畳みかけるように言うように ...

このページのトップヘ