鬼娘の介護日記

認知症で92歳の母。昨年2月末に大腿骨骨折。要介護4。在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。毎朝、仏壇に向かい、「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

平成29年4月より介護保険法における介護報酬の改定がありましたので、重要事項説明書を下記の通り変更いたします。母の施設から、「重要事項説明書変更同意書」が送られてきました。平たくいえば、利用料の値上げ。変更されるのは、「サービス利用料等」保険給付サービスに関 ...

その日、面会に行くとちょうど折り紙教室に一階のホールに降りるところでした。こういう場合は、お忙しいスタッフさんの手を煩わせないように、母と一緒に参加するようにしています。折り紙教室というので、折り紙を折るのかと思っていました。そうではなく、すでに折られた ...

その日、母の施設に到着したのは、ちょうどおやつの頃。これからね、おやつだそうだからね。春物を持ってきたので、母がおやつの間に、冬物と交換しておけばと思い、ママがおやつの間に衣替えをしておくからね。アタクシは、母の居室で入れ替えをしました。まあ、こんな美味 ...

いつものように、母の居室で足をマッサージ、この日は爪切りもしました。じゃあ、ママ、食堂へ戻ろうね。すると、母が申しました。これからのアタシの予定はなんなの?はぁ・・・。予定ね。おっかさん、家に帰る支度をするんや、とはちゃうで。ふと、整理ダンスの上を見ると ...

みっちゃんさん、靴下を履かないで寒くないですか?施設のスタッフさんが母に尋ねていました。えっ?!、靴下、脱いじゃったんかい!母は昔から、靴下を履かない人でした。冬でも鬱陶しいと、脱いでしまうときもありました。このところ、暖かいというか、初夏のような気温に ...

このページのトップヘ