鬼娘の介護日記

認知症で94歳の母。現在、要介護度3。2016年2月末に大腿骨骨折して、それを機に在宅から老健へ。一時、誤嚥性肺炎で入退院を繰り返し、あの世に逝きかけましたが、ターミネーターの如く蘇り、今は元気で犬のいる特養で過ごしています。まだまだ、介護は続いています。「迎え、頼む」と手を合わせる鬼娘の日々の介護日記。

今週行っているバイトは、仕事の内容と時間的に中高年が多い職場でございます。定年後のオジサンが、やることがなくて、ボーッとしているなら、やってみるかという方々が多いのです。忙しいときは一気に忙しい。暇になると、眠たくなるくらい、シーンと静かな状態。そんなと ...

今日は火曜日。母の施設(特別養護老人ホーム)での恒例のボランティアと文福の散歩。そして、面会時間を短くするためでもある、集団リハビリに母を連れて参加しました。母は、これもいつものように運針を。アタシは、そんなこと、しないわよ。と言いつつも。そのとき、作業 ...

介護に関係ないお話を。昨日から、日雇いバイトを始めました。今は、コンプライアンスの遵守で詳細を語ることは出来ませんので、悪しからず、ごめんあそばせ。そろそろ、終了するというときに、カップ酒片手に入ってきた爺さん。すんなり、帰るとも思えない。アタクシの前に ...

姪は、アタクシよりも認知症患者相手が上手なんです。父方の祖母である母より、母方の祖母が先に認知症を発症していました。さらに、義姉である母親が大腸癌のステージⅣであったことで、母親の代わりに施設に居た祖母の面倒を看ていました。T(義姉の旧姓)のおばあちゃまは ...

ほぼ、1年振りに施設(特別養護老人ホーム)に居る母に会いに来た兄に対して先生、お世話になってます。と、言った母でした。はてさて、1年ではないけれど、久しぶりの姪にはどうなのだろうかと、ヒヤヒヤだった今日の面会・・・。おばあちゃま、Kuanzi(姪のこと)です。リ ...

このページのトップヘ